スタッフ紹介


Staff

よく噛めて、美しい笑顔に自信が持てる、
そして何より、本当に長持ちする治療を心がけています。

ごあいさつ

はじめまして、みなさん。院長の大穂耕平です。

私は研修医終了後、大学病院で「ブリッジ」・「入れ歯」による治療を専攻しました。 残っている歯と歯ぐきをどう活かして噛み合わせを回復するかを追及する分野です。

その中で、どうしても残っている歯に負担がかかり長持ちしないケースもあったため、歯の支え自体を増やすことができる「インプラント」も自分の専門分野に加え、研鑽を積みました。

また、並行して「顎関節症」に関する臨床研究を行い、学位(歯学博士)を取得しました。

大学を出てからは、どんなに噛み合わせを回復しても、歯を支えている骨や歯ぐきの状態が悪いと治療が長持ちしないことを実感し、歯周病の年間コースを受講しました。 歯周基本治療から再生療法に至るまで、「歯周治療」をもう一つの専門分野として治療を行ってきました。

また、「セラミック治療」は大学病院の頃からずっと行ってきましたが、症例を重ねるにつれて、美しさが長持ちするだけでなく、虫歯・歯周病のリスクを下げられるメリットが大きいことを実感しました。 そこで現在は、セラミックの材料学や、歯とセラミックを長期に(できるだけ一生)もたせるための歯の削り方、調整法、接着法を極めるべく研鑽しております。

こういった治療を組み合わせることで、「本当に長持ちする治療は何か?」を追求して日々診療を行っています。

当院の治療方針と基本理念もぜひ読んでみてください。

略歴

平成12年3月 千葉県立船橋高等学校 卒業
平成13年4月 九州大学歯学部 入学
平成19年3月 九州大学歯学部 卒業
平成19年4月 九州大学病院研修医
平成20年3月 九州大学病院研修医 修了
平成20年4月 九州大学大学院歯学府 義歯補綴学専攻(博士課程) 入学
平成24年3月 九州大学大学院歯学府 義歯補綴学専攻(博士課程) 卒業
歯学博士 取得
平成24年4月 九州大学病院 義歯補綴科 医員
平成26年4月~ きし哲也歯科医院 勤務
平成30年6月~ まつばら歯科口腔外科こども歯科 勤務
令和2年5月~ 六本松おおほ歯科 開業

論文発表

  • ブラキシズムを有する顎関節症患者に対するスプリント治療のランダム化比較試験

    著者
    大穂 耕平
    掲載
    九州大学大学院歯学研究院 学位論文 2012.03.
  • 睡眠時ブラキシズムを有する顎関節症患者へのスタビライゼーションスプリントのランダム化比較試験

    著者
    大穂 耕平、築山 能大、桑鶴 利香、古谷野 潔
    掲載
    日本顎関節学会第25回学術大会2012.07.
  • The effect of stabilization splints on masticatory muscle pain and sleep bruxism: A randomized controlled trial

    著者
    Kohei Oho, Yoshihiro Tsukiyama, Rika Kuwatsuru, Hiroshi Matsumoto, Kiyoshi Koyano
    掲載
    15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontics, 2013.09.
  • すれ違い咬合一歩手前の患者に対して根面板による咬合支持を活用した症例

    著者
    大穂 耕平
    掲載
    平成25年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会 2013.08.

大穂 紀子

Noriko Oho

資格

略歴

平成6年3月 福岡県歯科医師会立 福岡歯科衛生士専門学校 卒業
平成20年3月 福岡市医師会看護専門学校 准看護科 卒業

ごあいさつ

こんにちは、歯科衛生士の大穂紀子です。

私は、歯科衛生士を経験した後、准看護師として、福岡市内の整形外科、脳神経外科、外科の混合病棟にて、一般病棟とICUの勤務をして参りました。 これからは、これらの経験の中で培ったものを十分に生かし、患者様の全身状態を観察しながら、口腔内の健康管理、メンテナンスを行っていきたいと思っております。

患者様、一人一人に合ったセルフケアの方法を、丁寧にお話しを伺いながら、一緒に作り上げていきたいと、思っております。 どうぞ、よろしくお願いします。